HOTELISM ホテル投資のことがよく分かるWebメディア

アフターコロナに向けて
選ぶべきホテル投資とは何か?

新型コロナウイルスの影響で打撃を受けているホテル業界。しかしこのような中でも売上拡大に成功しているホテルがあります。観光庁の統計(平成31年1月~令和元年12月分)によると、日本人の延べ宿泊数は4億4,180万人。外国人延べ宿泊者数は1億143万人。延べ宿泊者数(全体)は5億4,324万人となっています。実はインバウンド需要は全体の約18%とそんなに高くはないのです。一方、2019年の海外旅行者数は日本政府観光局によると2008万600人。インバウンドは失いますが、その分日本人が国内に戻ってくるため、日本の観光業にとっては大きな打撃にはならない可能性があるのです!

公開日: |更新日:

TYPE

ホテル投資・運営の種類

一口にホテル投資と言っても、一棟投資から区分投資、リートなど規模や運用方法の違いによりいくつかの種類に分かれます。まずは整理する意味で代表的なホテル投資6 つをピックアップし、それぞれの概要を紹介します。

ホテルリート

不動産投資信託の一つでホテル・旅館の投資物件に特化したものをホテルリートと言います。投資家から集めた資金で物件を購入し、賃貸して得られた収入の中から費用を差し引いたものを分配金として投資家に還元します。

ホテルコンド

ホテルコンドミニアムのことで主にハワイや沖縄などのリゾート地で運営されるホテルの1室を分譲し、オーナーが利用しない時に貸し出しをする仕組みです。投資だけでなく自分自身でも利用できるのが大きな特徴です。

収益物件のホテル買取

不動産投資という言葉から最もイメージしやすい方法で、収益物件として既にあるホテルを一棟購入し、オーナーとして収入を得る仕組みです。不動産としての価値が上がれば売却益を得られる可能性もあります。

土地活用によるホテル投資

土地を購入または保有している土地にホテルを建てて運営するものです。従業員を雇って自らが運営することもできますが、ホテル運営業者に建物を貸し出したり、運営のみを業者に委託するなどいくつかの方法があります。

不動産クラウドファンディング

取り扱う不動産の形態によっていくつかのタイプに分かれており、自分の投資スタイルに合ったものを選べます。開業資金としてクラウドファンディングが行われ、その運用益が還元されるタイプや、中古マンションを購入して転売や運用利益を配当するタイプがあります。

ホステル投資

ホステルは世界中に点在し、比較的安価に宿泊できる施設です。海外旅行のハードルも下がっていることから、国内だけでなく海外からの安定的な需要も期待できます。ホステルはコンパクトで収益性が高く、通常のホテルに比べて設備費や備品などの費用を抑えられるメリットがあります。

TREND

注目は『コンパクトホテル』への投資

コンパクトホテルとは

ビジネスホテルとカプセルホテルの中間に位置づけられる宿泊施設。通常のホテルよりも狭い立地で行うことができ、新しい土地活用ビジネスとして注目されています。

安価で部屋を借りることができるため、若者を中心とした国内旅行の需要に期待ができます。

コンパクトホテルのメリット

コスト面、利回り面などの観点から、コンパクトホテル投資と他のホテル投資の違いを紹介します。なお、採算性や利回りが良いという理由で、ホテル投資による収益を保証するものではありません。

  • コスト

    コンパクトホテルの運営をスタートする場合は土地活用として新築する方法と、ビジネスビルなどをリニューアルする方法がありますが、土地活用にしても狭い立地で行えるので初期費用が安く済みます。

    一般的なホテルより小規模でできるため建設期間も短く、すぐに事業開始できるので利益の回収も早く、採算性に優れています。

    また小規模ながら効率的な設計により、運営コストの削減が可能です。特に、エネルギー効率の高い設備や省スペースな設計により、維持管理費用の節約が図れます。

    加えて、スタッフの数を減らすことができるため、人件費の削減にも繋がります。自動化されたチェックイン・チェックアウトシステムや、最小限のアメニティを提供することで、運営のシンプル化を実現し、長期的なコスト削減が可能になります。

  • 利回り

    低コストで始められるホテル投資にはコンパクトホテルの他にホテルリート、ホテルコンドなどがありますが、コンパクトホテルは特に利回りが良いのが特徴です。

    コンパクト
    ホテル
    7~15
    (最低資金約5~10億円)
    ホテルリート 3~5
    (最低資金約10万円)
    ホテルコンド 3~5
    (最低資金約5000万~5億円)

    アパートタイプのコンパクトホテルの場合、月間稼働率80%で月間売上250万円、月間利益158万円の事例があります。

COMPACT HOTEL

コンパクトホテル事業を行っている
おすすめ企業一覧

コンパクトホテル事業の中でも特におすすめの企業を紹介。コンパクトホテルといってもそれぞれの企業によって、事業内容に差があります。それぞれの特徴を紹介していきますので、自分の投資目的に見合った企業を選ぶと良いでしょう。

コンテナ建築で安価かつ新しいスタイルのホテル運営を実現

デベロップ

  • デベロップイメージ_1
    引用元HP:デベロップ公式HP
    https://www.dvlp.jp/land/hotel/achieve/05/
  • デベロップイメージ_2
    引用元HP:デベロップ公式HP
    https://www.dvlp.jp/land/hotel/achieve/05/
  • デベロップイメージ_3
    引用元HP:デベロップ公式HP
    https://www.dvlp.jp/land/hotel/achieve/05/

特徴

デベロップはコンテナ建築や1,000ヶ所を超える店舗・物件のノウハウを活かしたホテル事業を展開しています。コンテナをホテルの1室にするという新しい発想のホテルで、安価かつ短期で建築が可能なのが特徴。

シンプルながらユーザー目線に立った設計をしており、欲しいものが揃っているホテル。コンビニの近くに建てるなど、不足したものはすぐに購入しに行けるなど、立地にも考慮して建築をしています。

基本情報

会社名 株式会社デベロップ
所在地 千葉県市川市市川1-4-10 市川ビル8F
事業内容 建築・不動産事業、エネルギー事業、ホテル事業、施設管理事業、資産運用代行事業

公式HPでデベロップの
ホテル投資について
詳細をチェック

電話で問い合わせる
営業時間:9:00~18:00
(月曜~土曜)

カジュアルなホテルをアクセスの良い立地に提供

HOSTY

  • HOSTYイメージ_1
    引用元HP:HOSTY公式HP
    https://www.hosty.jp/service-4
  • HOSTYイメージ_2
    引用元HP:HOSTY公式HP
    https://www.hosty.jp/service-4
  • HOSTYイメージ_3
    引用元HP:HOSTY公式HP
    https://www.hosty.jp/service-4

特徴

「mizuka」というコンパクトホテルの企画・運営・販売を中心に、建築・設計や不動産コンサルティングも行っている会社です。独自の運営システムにより小規模でもできるコンパクトホテル経営を提案しています。

インバウンド需要を捉えたカジュアルなホテルを全て一等地に提供。コンパクト設計のため施工期間が短くでき半年からホテル開業も可能です。サブリースを行っており運営・管理は全て任せられるので安心です。

基本情報

会社名 株式会社Hosty
所在地 福岡県福岡市博多区中洲4-5-6
事業内容 無人コンパクトホテルの運営、インターネットメディア事業、不動産コンサルティング事業など

公式HPでHOSTYの
ホテル投資について
詳細をチェック

※問い合わせ電話番号は公式HPに記載されておりませんでした

ファーストクラスのようなホテル空間を演出

ファーストキャビン

  • ファーストキャビンイメージ_1
    引用元HP:ファーストキャビン公式HP
    https://first-cabin.jp/hotels/34
  • ファーストキャビンイメージ_2
    引用元HP:ファーストキャビン公式HP
    https://first-cabin.jp/hotels/34
  • ファーストキャビンイメージ_3
    引用元HP:ファーストキャビン公式HP
    https://first-cabin.jp/hotels/34

特徴

新しいスタイルのホテル「ファーストキャビン」をメインにした事業展開をしている会社です。その名の通り飛行機のファーストクラスをイメージにしたコンパクトながら高級なホテル空間を演出した宿泊施設を提供しています。

空きビルにキャビンを並べる仕様なので低コスト・短工期でのホテル開業が可能です。土地・不動産を有効活用するビジネスとして注目され、首都圏主要駅を中心に全国政令指令都市にも拡大中です。

ファーストキャビン社は2020年4月に破産手続きを開始しており、2020年7月時点で株式会社NAPに事業譲渡されています。

基本情報

会社名 株式会社ファーストキャビンHD
所在地 東京都港区北青山2-7-9
事業内容 ファーストキャビン事業の運営・企画、飲食事業、ビル管理事業

公式HPでファーストキャビンの
ホテル投資について
詳細をチェック

電話で問い合わせる

-->

ITを駆使して丸投げできるホテル運営

金太郎カンパニー

  • 金太郎カンパニーイメージ_1
    引用元HP:金太郎カンパニーイメージ公式HP
    https://kintarou.company/case/
  • 金太郎カンパニーイメージ_2
    引用元HP:金太郎カンパニーイメージ公式HP
    https://kintarou.company/case/
  • 金太郎カンパニーイメージ_3
    引用元HP:金太郎カンパニーイメージ公式HP
    https://kintarou.company/case/

特徴

収益不動産、賃貸管理業務を専門とする会社です。東京エリア・千葉エリアに特化してコンパクトホテルの運営を提案しており、通常のマンションと同じ仕様の建物を宿泊施設として活用するので将来賃貸物件として転用も可能です。

これまでの不動産管理のノウハウを生かし、家具や家電、消耗品調達からリネン交換、清掃など含む業務をワンストップサポート。IT技術を利用して効率よく運営できるため稼働率を高く保つことに期待できます。

4社目

基本情報

会社名 株式会社 金太郎カンパニー
所在地 千葉県千葉市花見川区幕張本郷1-29-23
事業内容 不動産営業(企画、仲介、管理)、賃貸管理、借上げ、CMコンサルタント、建築総合施工管理

公式HPで金太郎カンパニーの
ホテル投資について
詳細をチェック

電話で問い合わせる

日本の文化や伝統を生かして外国人旅行客をガッチリ

民泊巧房

  • 民泊巧房イメージ_1
    引用元HP:民泊巧房公式HP
    https://minpaku-kobo.jp/proposal_house_
  • 民泊巧房イメージ_2
    引用元HP:民泊巧房公式HP
    https://minpaku-kobo.jp/proposal_house_
  • 民泊巧房イメージ_3
    引用元HP:民泊巧房公式HP
    https://minpaku-kobo.jp/proposal_house_

特徴

宿泊施設の設計から施工、販売まで手掛ける会社です。都内を主体としてコンパクトホテルの提供を行っていますが、不動産業界での経験豊富なスタッフが多数在籍しているため土地取得から運営まで幅広くサポートできます。

コンパクトホテルは戸建て型とアパート型があり海外旅行宿泊者を意識した内装にすることで集客につなげます。運営は代行会社に任せられ、必要設備を整えた上で旅館業の許可を取得して引渡しを行うので安心です。

基本情報

会社名 株式会社オアシス巧房
所在地 東京都北区赤羽2-8-2いさみやビル4F
事業内容 建築一式工事、建築設計・監理、不動産開発・売買業

公式HPで民泊巧房の
ホテル投資について
詳細をチェック

電話で問い合わせる
受付時間:9:00~18:00
定休日:土・日・祝日

HOTEL REIT

ホテルリート

ホテルリートとは

投資対象をホテルに特化した投資信託の一つで、投資家から集めた資金をもとにホテルや旅館などに投資を行い、そこで得られた賃料収入などを投資家に分配する金融商品です。

賃貸収入が主な収入源で短期的に物件売買を繰り返すことはしませんが、売却により利益を得た場合はそれも投資家への配当に充てられることになります。

ホテルリートの利回り

リートは全体的に利回りが高めで平均分配金利回りは3.46%(2019年11月)となっています。中でもホテルリートは特に高く、本サイトで取り上げた中で最も低いジャパン・ホテル・リート投資法人でも4.15%(2019年11月)、いちごホテルリート投資法人は5.74%(2019年11月)を出しており、4~5%の配当利回りがターゲット範囲内です。

ホテルリートのメリット・デメリット

  • メリット

    通常の不動産投資と違って数万円単位の資金があれば投資が可能で、賃料収入を源泉とした配当が分配されるため、高い利回りが期待できます。また証券市場に上場しているため流動性が高くすぐに換金ができます。

  • デメリット

    投資家の資金のみで成り立っているのではなく金融機関からの借り入れがあるため金利の変動の影響を受けます。また投資先のホテルなどが地震や火事など災害リスクがあり投資法人の倒産や上場廃止の可能性もあります。

ホテルリート投資法人一覧

ジャパン・ホテル・リート投資法人

着実な成長と安定した収益確保を基本方針とし、国内や訪日外国人レジャー客から需要が高いエリアに絞り込みフルサービスホテルやリゾートホテルに重点投資。アクティブ・アセットマネジメント戦略を打ち出しています。

いちごホテルリート投資法人

「心築」を軸とした事業展開をするいちご株式会社を活用したホテル特化型投資で、インバウンド需要を意識した中長期的な運用を行います。機動的な物件取得と変動賃料の導入で投資主価値の最大化を目指しています。

森トラスト・ホテルリート投資法人

森グループの運営力を活用してホテルアセットに重点投資することを基本方針としています。成長性や安定性の他に不動産価値である資産性に着目してエリア選定をしたり森グループとの情報共有を成長戦略につなげます。

ホテル及び住居をコアアセットとした重点投資を行い首都圏と全国の主要都市部を中心としたポートフォリオが組まれています。スポンサー会社と定期的な情報交換や営業力・運営能力を活用しながら投資判断を行います。

大江戸温泉リート投資法人

温泉・温浴関連施設に重点投資を行い、大江戸温泉物語グループとの相互成長を目指すことを成長戦略の柱としています。グループから優先的に物件供給を受けることでの資産規模拡大や安定的な賃料収入の確保を目指しています。

国内外の星野リゾートグループが関与する物件を主な投資対象としてポートフォリオを構築。今後拡大が見込める主要ブランド物件に積極投資を行い安定収益を確保を目指しながら、グループとの共生関係でシナジー効果を狙います。

HOTEL CONDMINIUM

ホテルコンド投資

ホテルコンドとは

ハワイや沖縄などのリゾート地で運営されるホテルの一室を所有し、オーナーが利用していない時に客室として貸し出し、その賃貸収入を得ることができるホテル投資です。

客室の稼働率によって収入が変動する売上連動型と固定のペイバックを目的としたペイバック固定型があり、オーナーがホテルを利用しないタイプもあります。

ホテルコンドの利回り

エリアや物件によって変わりますが表面利回りは4~6%、実質利回りは2~3%程度です。投資だけだと高利回りとは言えませんがオーナーがホテル利用できる特徴があります。

ホテルコンドのメリット・デメリット

  • メリット

    リゾート会員権とは異なり不動産の単独所有権があり、オーナーが利用していない時の客室の賃貸収入が得られます。また管理はホテル運営会社が行いメンテナンスやクリーニングも委託できるので煩わしさがありません。

  • デメリット

    自分の備品を部屋に置いたり、勝手に内装工事するなどの自由はなくホテルの繁忙期にはオーナーが利用できない場合もあり、タイプによっては日数制限もあります。また管理やメンテナンスによる運営維持費がかかります。

ホテルコンド人気のエリア

沖縄イメージ

沖縄OKINAWA

ホテルコンドは国頭郡本部町や中頭郡読谷村など県内でも景観がよく資産価値を維持できるエリアに集中しています。

ハワイイメージ

ハワイHAWAII

不動産投資家のハワイへの人気は高くホテルコンド発祥の地とも言われます。オアフ島のコンドミニアムの平均価格は2000年から上昇傾向を維持し、特にワイキキビーチから近い立地のホテルコンド物件が目立ちます。

良い収益物件と出会うためには情報収集が重要なポイントになります。一般的な住宅やマンションと違って見つけるのが難しいですが、以下のような収益物件を検索できる不動産情報サイトを利用すると効率よく探せます。

不動産
クラウドファンディングとは

ホテルや宿泊施設の開業資金をクラウドファンディングを用いて集め、開業後の利益が還元されるタイプのホテル投資です。ホテルだけでなく、中古マンションの購入・売却で利益を選るタイプや、商業施設・保育施設・介護施設などを対象にしたものもあります。

ホステル投資とは

主に若者やバックパッカーを中心に人気が高く、世界中で利用されているホステルを活用した投資を行う「ホステル投資」に注目が集まっています。

宿泊施設のなかでも、コンパクトな設備となっているため投資の初期費用が抑えられるのが魅力です。

土地活用における
ホテル投資とは

所有している土地にホテルを建てて運営することで収入を得るものです。副業ではなく本業でやりたい場合は自身で運営することも可能ですがリスクがあり相当の覚悟が必要です。

ホテル投資として考える場合は建物を運営業者に貸して一定の収入を長期間得る方法と、運営だけを業者に委託して売上から料金を支払う方法があります。

土地活用のホテル投資の利回り

ホテルに限らず、土地活用による不動産投資の実質利回り(NOI利回り)は4~6%が相場とされます。それ以下では借入金返済を考えると投資の旨味がなくなるからです。

土地活用のホテル投資のメリット・デメリット

  • メリット

    長期的な収入が期待できるのが最大のメリットです。土地活用のホテル投資では条件によって変動があるものの投資金額が大きくなる分、年間の収入額も大きくなり10年単位での契約が基本なので継続性も高いです。

  • デメリット

    ホテル需要の高まりとともに今後は競争が激しくなることが予想されるためエリア選定や他との差別化を考えないと倒産のリスクもあります。またホテルを建てて運営を開始するまでの初期費用が莫大になる可能性があります。

土地活用によるホテル投資を行っている企業一覧

アパホテルズ&リゾーツ

ビジネスマンだけでなくカップルやファミリーでラグジュアリーに過ごせるホテルを全国展開しています。フランチャイズに加盟すれば接客やITに関する専門的なサポートがスーパーバイザーから得られるのも大きな魅力です。

会社名 アパホテルズ&リゾーツ(アパホールディングス株式会社)
所在地 東京都港区赤坂3-2-3 アパグループ赤坂見附本社ビル
事業内容 都市開発(マンション、ホテル、テナントビル、アーバン・リゾート)事業、総合建設(企画、設計、建設)事業、総合不動産(開発、売買、仲介、賃貸、鑑定)事業、ホテル・チェーン、レストラン・チェーン、レジャー産業運営事業など

アベストコーポレーション

自社運営だけでなく、貸借、業務委託、コンサルタントなど、さまざまな運営方式でホテル事業を展開しています。一括借上げでオーナーとなれば、フランチャイズ展開により経営に携わることなく、収入を得ることに期待が持てます。

会社名 株式会社アベストコーポレーション
所在地 兵庫県神戸市中央区波止場町6-1
事業内容 ホテル事業、レストラン事業、不動産事業、ペット事業、IT事業

アルモントホテル

ビジネスホテルの草分け的な存在、ホテル法華クラブを展開する会社が手掛けたハイグレードホテルです。ホテル投資では、サブリース、ホテル運営受託、ホテル事業用地の売却の3つから選ぶことができます。

会社名 株式会社法華俱楽部
所在地 東京都中央区日本橋茅場町1-13-216F
事業内容 ホテル・旅館業、レストラン及びその関連する事業、各事業に附帯する一切の業務

金太郎カンパニー

コンパクトホテル投資をメインとして収益不動産、賃貸管理業務を専門に行っています。実績やノウハウがあるため、ワンストップでトータルサービスを提供することが可能であるため初心者にもおすすめです。

会社名 株式会社金太郎カンパニー
所在地 千葉県千葉市花見川区幕張本郷1-29-23
事業内容 不動産営業部(企画、仲介、管理)、賃貸管理、借上げシステム、CMコンサルタント、建築総合施工管理

グリーンズ

世界中に展開している自社ホテル経営とともにホテル事業を展開しています。一括借上げ方式による投資では、業績に関わらず固定賃料が得られるタイプと業績によって収入が変動する変動賃料の2つのタイプがあります。

会社名 株式会社グリーンズ
所在地 三重県四日市市鵜の森1-4-28 ユマニテクプラザ5階
事業内容 ホテル・レストランの経営、その他付帯する業務

サンフロンティア

土地や建物の貸借契約や土地の購入など、複数の方法でのホテル投資が可能な会社です。オーナーとして不動産を所有しながらホテルの建築や運営を全て任せることもできます。

会社名 サンフロンティア不動産株式会社
所在地 東京都千代田区有楽町1-2-2
事業内容 ホテル開発、ホテル再生、ホテル運営、リプランニング(不動産再生)、リーシングマネジメント(賃貸仲介)、売買仲介、資産コン サルティング、対日不動産投資コンサルティング(台湾現地事業)など

サンルート

女性一人でも安心、満足できるビジネスホテルをフランチャイズチェーンで展開しています。ホテル投資では、豊富なノウハウとチェーンホテル同士の密な情報交換、販促や送客など、手厚いサポートが魅力です。

会社名 株式会社相鉄ホテルマネジメント
所在地 神奈川県横浜市西区北幸2-9-14
事業内容 ホテル、旅館、飲食店業、フランチャイズシステムによるホテルチェーンの運営、ホテルの立地調査、企画、設計監理、建設、技術指導、ホテルの開業に関する企画立案、宿泊施設、料飲施設、保養施設などの運営受託など

スーパーホテル

もてなし、設備、マネジメントなど、さまざまなジャンルで数多くの表彰歴があるチェーンホテル。サブリース契約により、設計、建築、運営などを全て任せて長期的な収入を目指せます。

会社名 株式会社スーパーホテル
所在地 大阪府大阪市西区西本町1-7-7
事業内容 ホテルチェーンの展開、土地有効活用のコンサルティング

スターツCAM

不動産実店舗での経験や証券、金融などの幅広いジャンルのグループ企業との連携を活かしたコンセプトにこだわった不動産投資を得意としています。土地有効利用について初心者でも丁寧にアドバイスしてくれるのも魅力です。

会社名 スターツCAM株式会社
所在地 東京都中央区日本橋3-4-10スターツ八重洲中央ビル6F
事業内容 土地有効活用の企画提案、資産運用コンサルティング、賃貸住宅・テナントビル等の各種建築物の設計・施工

タウンホテル24

フランチャイズ加盟、運営委託、土地売買の3つの契約から投資方法を選ぶことができます。1室の稼働率を最大限に設定することで高収益を実現しているため、安定した収入に期待ができます。

会社名 株式会社タウンホテル
所在地 東京都千代田区神田須田町2-2-3 ITC神田須田町ビル7F
事業内容 ホテル業、フランチャイズシステムによるホテルチェーンの運営、ホテル什器備品・消耗品・リネン等の販売、ホテル事業オペレーションのコンサルティングなど

ダイワハウス工業

実績豊富なハウスメーカーとして、建築や施行、メンテナンスには自信があります。それだけでなく、土地の条件に合った最適な活用方法を専門的にアドバイスしてくれるため、安心して任せられるでしょう。

会社名 大和ハウス工業株式会社
所在地 大阪府大阪市北区梅田3-3-5
事業内容 建築事業:【住宅系】戸建住宅(注文住宅・分譲住宅)、賃貸住宅(アパート・寮・社宅)、分譲マンション等の企画・設計・施工・販売、別荘地の販売など

デベロップ

コンテナモジュール建築ホテルなら、コンパクトなシングルルームからゴージャスなメゾネットスイートまで、レイアウトは自由自在。場所も広さも限定されないので、その地域ならではのオリジナルの宿を建てることができます。

会社名 株式会社デベロップ
所在地 千葉県市川市市川1-4-10 市川ビル8F
事業内容 建築・不動産事業、エネルギー事業、ホテル事業、施設管理事業、資産運用代行事業

パナソニックホームズ

1963年創業の老舗総合不動産業者。土地の状態を活かした建築で土地活用をサポートするだけでなく、行政手続きや宿泊客集客など、トータルサポートでオーナーに負担がかからないことが大きな魅力です。

会社名 パナソニックホームズ株式会社
所在地 大阪府豊中市新千里西町1-1-4
事業内容 建築請負部門:戸建住宅・賃貸集合住宅などの建築工事、リフォーム工事の請負および施工、不動産事業部門:分譲用土地・建物およびマンションの販売、不動産の仲介・賃貸管理など

ファーストキャビン

カプセルホテルとビジネスホテルの中間に位置するこれまでにないコンセプトのホテルを展開しています。フレキシブルにキャビンを配置することがあるため、所有している不動産に合わせたレイアウトが可能。フランチャイズオーナーとして経営に関わったり、運営委託したりすることで投資ができます。

会社名 株式会社ファーストキャビン
所在地 東京都千代田区紀尾井町3-12紀尾井町ビル15階
事業内容 ファーストキャビン事業の運営・企画、飲食事業、ビル管理事業

民泊巧房

コンパクトホテル、アパートメントホテルで外国人観光客をターゲットとした長期滞在型の民泊施設を展開しています。土地の購入から、デザイン、施工、運営サポートまで全て任せながら、高利回りを期待できるのが魅力です。

会社名 株式会社オアシス巧房
所在地 東京都北区赤羽2-8-2 いさみやビル4F
事業内容 建築一式工事、建築設計・監理、不動産開発・売買

ワシントンホテル

2つのコンセプトの異なるホテルチェーンを国内主要都市の交通利便性の高い場所に展開しています。条件を満たす土地を所有していれば、定期着地やサブリース、マネジメントコントラクトにより投資が可能です。

会社名 ワシントンホテル株式会社
所在地 愛知県名古屋市千種区内山3-23-5
事業内容 ワシントンホテルプラザ事業(ワシントンホテルプラザチェーンの運営)、R&B事業(R&Bホテルチェーンの運営)、ゴルフ場レストラン運営(ゴルフ場クラブハウス内レストランの運営)など

リブマックス

サブリースや運営委託、経営コンサルティングのほか、土地や建物の買収など、さまざまな事業形態でのホテル投資が可能です。オーナーが最も理想とする形で投資ができることが大きな魅力と言えるでしょう。

会社名 株式会社リブ・マックス
所在地 東京都港区赤坂2-5-1 S-GATE 赤坂山王9F
事業内容 マンスリーマンション事業、家具・家電付き賃貸事業、不動産賃貸仲介事業、不動産売買仲介事業、シニアマンション事業、ホテル事業、リゾート事業、サブリース事業、不動産管理事業など

リソル

ホテル事業としてビジネス、レジャーの拠点となるビジネスホテルやリゾートホテルを全国に展開しています。一括借上げ方式では、ホテル運営に関わることなく長期的な収入獲得を目指せます。

会社名 リソルホールディングス株式会社
所在地 東京都新宿区西新宿6-24-1
事業内容 ホテル運営事業、ゴルフ運営事業、CCRC事業、福利厚生事業、再生エネルギー事業、不動産関連事業・投資再生事業

ABホテル

事業を専門に全国展開している企業。ホテル経営の豊富な経験とノウハウがあり、ホテル投資では営業実績に関わらず一定した月収入を目指せる定期借地契約が可能です。

会社名 ABホテル株式会社
所在地 愛知県安城市三河安城町1-9-2 第2東祥ビル6F
事業内容 ホテル事業

HOSTY

福岡市の中心街に次々に無人コンパクトホテルを展開。サブリース契約では1室、最短2ヵ月からの事業スタートが可能です。

会社名 株式会社Hosty
所在地 福岡県福岡市博多区中洲4-5-6
事業内容 無人コンパクトホテルmizukaの運営、インターネットメディア事業、不動産に関するコンサルティング事業、翻訳業、住宅の増改築・リフォーム及び室内外装飾工事の設計など

くらしコーポレーション

再生不動産を取り扱い、空き屋・空きビルや遊休不動産などを、ホテルやコンセプト賃貸・テナント等に生まれ変わらせて商品化するベンチャー企業です。例として福岡市の築39年ビルやお琴教室、ネイルサロンなどをリノベーションし、シェアハウスや簡易宿所、バケーションレンタルなどに再生しています。

会社名 株式会社くらしコーポレーション
所在地 福岡県福岡市中央区天神3-16-18 RKB興発第2ビル3F
(天神本社)
事業内容 総合不動産事業、不動産投資事業、宿泊事業、不動産リノベーション事業コンサルタント事業、海外不動産事業など

ホテル旅館経営研究所

ビジネスホテルの新築や土地活用、ホテル・旅館の運営支援などをメインとした、ホテル・旅館のコンサルティング会社です。ホテルや旅館・民宿などの経営において現状をリサーチしつつ、運営・再生などのプランを提案してくれます。

会社名 株式会社ホテル旅館経営研究所
所在地 東京都中央区銀座5-6
事業内容 ホテル・旅館・民宿・ペンション・保養所等宿泊施設の経営、運営、売買、賃貸コンサルタントなど

共立エステート

「ドーミーイン」や「協立リゾート」などを代表とする、土地活用・賃貸事業経営のコンサルティング会社です。一括借り上げ方式で管理や運営を任せることができ、長期で安定した賃貸収入・資産価値の維持を目標とした事業計画を立案します。

会社名 株式会社共立エステート
所在地 東京都文京区湯島1-3-4 KTお茶の水聖橋ビル6F
事業内容 土地有効活用の企画・設計・監理及び工事等に関するコンサルティング業務、マンション・戸建分譲事業、不動産売買、賃貸、及び仲介業、マンション・オフィス賃貸業、トランクルームなどのレンタル業、建築工事請負業務など

三井不動産レジデンシャル

中高層住宅や戸建住宅の分譲事業にて5,100件(2015年度実績・公式サイト)を超える実績をもつ三井不動産グループ土地活用の会社です。マンションや戸建だけではなく、会社寮や学生寮、商業施設やホテル、リゾート施設なども手掛けます。

会社名 三井不動産レジデンシャル株式会社
所在地 東京都中央区日本橋室町3-2-1
事業内容 中高層住宅事業、戸建住宅事業、賃貸住宅事業、海外事業、市街地再開発事業・マンション建替え事業、販売受託事業、シニアレジデンス事業など

髙松建設

1917年創業の建設会社で、土地活用や賃貸マンションの建設や経営、ホテルや店舗などの運営においたコンサルティング事業を得意としています。建物の建築に長く携わってきたノウハウを持ち、土地活用を建設からサポートしてくれる会社です。

会社名 髙松建設株式会社
所在地 大阪府大阪市淀川区新北野1-2-3
事業内容 集合住宅建設事業、オフィスビル建設事業、福祉施設建設事業、生産施設建設事業、物流施設建設事業、店舗建設事業、宿泊施設建設事業、研究施設建設事業、医療施設建設事業、リノベーション事業など

相鉄フレッサイン

東京や横浜などの首都圏を中心に、ビジネスホテル「相鉄フレッサイン」を展開しています。駅近立地のビジネスホテルを出店することを目的とした土地活用を支援し、ホテル以外にもマンションやオフィス・商業施設などの出店もサポートします。

会社名 株式会社相鉄ホテルマネジメント
所在地 神奈川県横浜市西区北幸2-9-14 相鉄本社ビル2F
事業内容 ホテルの運営、観光宿泊業など

アクロス都市開発

京都の都市開発会社であるアクロス都市開発は、ホテルやオフィス、商業施設などの開発を中心としています。京都らしく伝統や歴史を守りながら、土地を活かした資産運用や都市開発をおこなっている会社です。

会社名 アクロス都市開発株式会社
所在地 京都府京都市下京区烏丸通四条下ル童侍者町159-1 四条烏丸センタービル6F
事業内容 不動産売買・投資、不動産コンサルティング業務など

広島建設

千葉県柏市に本社を構える総合建設会社です。注文住宅のほか、公共施設・商業施設・マンションの建設も手掛けます。土地開発においては仲介から売買、分譲まで、賃貸物件の管理などもおこないます。

会社名 広島建設株式会社
所在地 千葉県柏市豊四季1004 広島建設豊四季ビル
事業内容 注文住宅及びビルの企画・設計・施工・販売、不動産の企画・開発・分譲・仲介、増改築及びリフォーム、駐車場及びマンションの管理・仲介など

東横INN

ホテルチェーン「東横INN」を運営する会社です。大都市・交通の要所になる土地活用において、ネームバリューのある東横INNホテルの運営を任せることができます。運営・管理は東横INNに任せたまま、安定した賃料収入が期待できます。

会社名 株式会社東横インホテル企画開発
所在地 東京都渋谷区恵比寿4-5-21
事業内容 国内外における東横INNホテル企画及び開発など
ホテル経営と民泊の違いイメージ

ホテル経営と
民泊経営との違い

ホテルや旅館などで事業性の高い宿泊施設を運営する場合は、法律上すべて旅館業に含まれます。民泊は住宅宿泊事業法で定められ年間営業日数や客室面積などに制限があり、宿泊業が主体でないことを基本にしています。

ホテル業界の将来イメージ

ホテル業界の将来

コロナの影響でダメージを受けていると言われているホテル業界。今後どのようになっていくのか予想しづらくなっています。しかしコロナの影響の中売上を伸ばしている企業もあり、先行きがまったく明るくないわけではありません。今後ホテル業界について詳しく解説しています。

コンテナホテルのイメージ

【PR】今話題のコンテナホテル

いくつかあるホテル投資の種類の中でも、とりわけ自由度が高く効率的に取り組める「コンテナホテル」。不動産であれば発生する固定資産税がかからず、移設や再利用も可能であることから現在注目が集まっています。
画像引用元:デベロップ公式https://www.dvlp.jp/land/hotel/achieve/05/

コンテナホテルの詳細をチェック

初心者でもわかるホテル投資とは

近年のインバウンド需要の拡大に伴い注目が集まっている「ホテル投資」ですが、ホテル投資にはさまざまな投資スタイルがあります。代表的なホテル投資の形は以下の4つがあります。

  • ホテルリート
  • ホテルコンド
  • ホテル買収
  • 土地活用によるホテル投資

ホテル投資は決して難しいものでなく、投資初心者でも取り組むことができます。しかしそれぞれの投資方法にはメリットだけでなくデメリットもあります。ホテル投資を始める際は、これらの特徴を踏まえた上で取り組むことが大切なのです。

土地活用の方法

土地を有効活用する方法はいくつもありますが、それらの方法を知らずに土地を持て余している土地所有者の方も多くおられます。上手に土地活用をするためには、その土地や活用目的、ライフスタイルなどの合った適切な活用方法を選択することが重要です。

代表的な土地活用の方法として、以下の4つがあげられます。

  • 収益目的
  • 安定的な利益
  • 空き家を利用
  • 土地そのものを利用

それぞれの特徴やメリット、デメリットを把握して土地活用を行いましょう。

ホテル投資 最新情報

ホテル投資、2022年の動向予測を公開

ホテル投資における2022年の動向に関して、みずほファイナンシャルグループやニッセイ基礎研究所など、国内の主要シンクタンク各社の予測やデータレポートを業者ごとに取りまとめてご紹介しています。

コロナ禍でのホテル集客の最新情報

コロナ禍で利用客が減少したホテル業界では、集客のために経営の変化が求められています。ここでは、コロナ禍のホテル集客の現状や課題、集客のための戦略やトレンドについてまとめました。

2022年上半期のホテル投資の動向

2022年も下半期を迎え、これからのホテル投資について考えるためにも上半期のホテル投資について振り返ってみましょう。有識者の見解や国別の動向についてまとめているため、今後のホテル投資の参考にしてください。

世界の高級ホテル市場規模調査

世界の高級ホテルに関する市場規模調査の結果について紹介しているページです。また、最新の高級ホテルの設備についてもまとめていますので、ホテル投資に興味がある方はぜひチェックを。

レスキューホテル

近年自然災害が頻繁に発生するようになり、毎年多くの方が避難所や仮設住宅での生活を余儀無くされています。避難所や仮設住宅に対する需要が年々高まっているものの、設置に多くの時間やコストがかかるなど、いくつかのデメリットを抱えています。

コンテナを活用した「コンテナホテル」であれば、柔軟かつ機動的に設置できることから従来の避難所が抱えている問題点を解決することが可能です。これらのコンテナホテルを、災害時の避難先である「レスキューホテル」として活用する動きに注目が集まっています。

仮設住宅における課題とは?

災害発生時における被災者の生活を支える場所として、仮設住宅の役割は非常に重要になります。しかし煩雑な手続きやかかる費用、設置スペースなどが要因となり、仮設住宅には克服しなければならない課題がいくつも内在しています。

具体的な課題の中身としては、「住環境の悪さ」「生活の不便さ」「生活の長期化」があげられます。これらの課題を解決する手段として、近年はコンテナホテルを仮設住宅として利用することに注目が集まっています。

仮設住宅における被災者ストレスとは

災害により住み慣れた家を失い、仮設住宅での生活を余儀なくされている方々が抱えているストレスの問題は、想像以上に深刻です。慣れない土地に移りプライベートな空間がない仮設住宅での生活を続けることで、自分でも気付かないうちに心や体に大きな負担がかかっているのです。

仮設住宅における被災者のストレスを上手に解消する有効な方法がないか、さまざまな観点から模索が続けられています。ひとりひとりの被災者と向き合い、丁寧にストレスの原因を探ることが大切だと言えるでしょう。

コンテナホテルは再利用できるのがポイント

仮設住宅は一時的な仮住まいであり、その役割を果した後は空き家となってしまいます。現在設置される仮設住宅の多くはプレハブ住宅となっており再利用が難しいため、利用者が待機した後は仮設住宅は解体することになります。しかしプレハブ住宅の解体には1戸あたり100万円ほどの費用がかかるため、その解体費用の高さが大きな課題となっています。

コンテナホテルであれば耐久性が高く移動も可能であることから、柔軟に再利用できます。再利用すれば解体費も発生しないことから、コンテナホテルの利便性の高さに注目が集まっているのです。

プレハブとレスキューホテル(コンテナホテル)の建設費用比較

従来より仮設住宅は、簡易な平屋建てのプレハブ住宅がほとんどでした。しかし最近は、輸送用のコンテナを使用するレスキューホテル(コンテナホテル)を仮設住宅として利用するケースも徐々に増えつつあります。

プレハブ住宅とレスキューホテル(コンテナホテル)では、かかる建設費用に違いがあります。将来的に撤去する点や再利用の可否も含めて、いずれの方がお得に建設できるのか気になる所です。両者の建設費用について、比較検討していきます。

レスキューホテルと仮設住宅の違い

近年の自然災害の増加とともに、被災して自宅を離れて、止むを得ず一時的に仮設住宅などの避難場所に居住する家庭が増えています。避難先の住まいとしては仮設住宅が一般的ではありますが、最近はレスキューホテルを仮の避難住居として活用する場面も見られるようになりました。

レスキューホテルと仮設住宅との違いとして、設置までの期間や建築コスト、退去した際の再利用の可否などがあげられます。被災状況やその土地環境に応じた最適な避難住居の用意が必要となっています。

フェーズフリー認証とは?

たとえば、仮設住宅は非常時に使用するのが目的であって、日常時には使用しません。一方でレスキューホテルは、非常時であろうと日常時であろうと、どのようなシーンでも分け隔てなく使用できる宿泊施設です。

このように、非常時と日常時とのフェーズに関係なく使用できる商品・サービスに対し与えられる資格の一種が「フェーズフリー認証」。認証を受けるにはフェーズフリー協会が定めた厳格な基準をクリアしなければなりません。2020年12月、宿泊業界では初めてレスキューホテルが「フェーズフリー認証」を取得しました。

【PR】今話題の
コンテナホテル特集はこちら!