HOTELISM ホテル投資のことがよく分かるWebメディア
HOTELISM ホテル投資のことがよく分かるWebメディア » 最新情報

公開日:|更新日:

ホテル投資 最新情報

ホテル投資、2022年の動向予測を公開

ホテル投資における2022年の動向に関して、みずほファイナンシャルグループやニッセイ基礎研究所など、国内の主要シンクタンク各社の予測やデータレポートを業者ごとに取りまとめてご紹介しています。

ハワイのホテルコンドミニアム最新情報

ハワイでホテルコンドミニアム投資を考えている方はチェックしておきたいポイントを紹介。通常のコンドミニアムとホテルコンドミニアムの違いやメリット、デメリット、注意したいポイントをまとめています。

投資家意識調査 2021

今後の不動産投資に関して、事業用不動産サービスのCBREが行った調査結果をまとめています。不動産投資に興味がある方はぜひチェックしておきたい内容といえるでしょう。

世界の高級ホテル市場規模調査

世界の高級ホテルに関する市場規模調査の結果について紹介しているページです。また、最新の高級ホテルの設備についてもまとめていますので、ホテル投資に興味がある方はぜひチェックを。

ホテル運営事業を行う リソルホールディングスの見通し

ホテル運営事業を展開しているリソルホールディングスに焦点をあて、情勢の変化で影響を受けた業績を回復するための動きに注目。今後の施策をはじめ、新シリーズのホテルや事業の拡大計画などをまとめています。

伊豆や箱根の高級旅館 中国人投資家が買い漁り

情勢の変化による観光客の激減を受け、伊豆や箱根など人気のリゾート地も苦境に立たされています。経営難に苦しむ宿泊施設に熱い関心を寄せているのが中国人投資家です。中国人投資家から人気を集める理由や買い漁りによる懸念点について解説します。

藤田観光、箱根ホテル小涌園を建て替え

2018年1月に約60年の歴史に幕を下ろした箱根ホテル小涌園。同ホテルを運営していた藤田観光は建て替えを発表しており、2023年7月の開業を予定しています。藤田観光の今後のホテル運営事業の見通しに関する情報をまとめました。

西武HD、大津プリンスホテルなど売却検討

西武HDは、同社が運営するびわ湖大津プリンスホテルや札幌プリンスホテルなど国内にある約40施設の売却を検討。国内のホテル・レジャー業界において最大級の事業規模を持つプリンスホテルを売却する狙いや想定される売却額、売却後の見通しなどについてご紹介します。

JLL、日本におけるホテルアセットマネジメントサービス体制を拡充

総合不動産サービス業界大手のJLLが、2021年9月13日に日本でのホテルアセットマネジメント体制の拡充を発表しました。ホテルアセットマネジメント体制の強化を図る背景や、JLLの施策に関する情報をまとめています。

コロナ禍で厳しい見通しも…京都のホテル客室増加なぜ

情勢の変化により厳しい状況が続いている旅行業界において、意外にも京都ではホテルの客室数が増加。また、富裕層向けの高級ホテルの開業も相次いで予定されています。今後のホテル投資の参考になるかもしれない、京都でホテルの開業が活況を見せている理由についてご紹介します。

表面利回り10%超「ホテル×グランピング」とは

グランピングとはキャンプに必要な道具・食材などが用意された施設のことで、新しいリゾートスタイルとして日本でも増えています。また、ホテルとグランピングが一体となった施設も登場し、1室単位での販売を開始。「利回り10%」「賃料ペイバック40%」を掲げており、投資家から関心を寄せられています。

JLLがアジア太平洋地域のホテル投資額を拡大予測

総合不動産サービス業界大手のJLLが、アジア太平洋地域における2021年・2022年通年のホテル投資額の拡大を予想。同社のCEOを務めるマイク・バチェラー氏の見解をはじめ、2021年のホテル投資活動から見る活発な市場や今後の投資活動の見通しに関する情報をまとめました。

中国人投資家に日本の不動産人気の理由

以前のような旅行需要の回復の見通しがまだ立たない状況においても、中国人投資家の動きが活発になっています。特に日本の不動産が、中華圏の若い投資家を中心に注目を集めているようです。日本が投資先として意識される理由をご紹介します。

海外不動産投資はホテルコンドミニアムへ!通常との違いとおすすめエリア

海外で不動産投資を考えるとなると、投資商品となるのがコンドミニアムとホテルコンドミニアムです。それぞれの特徴や違い、ホテルコンドミニアム投資の魅力やおすすめのエリアをご紹介します。

2027年まで平均8.2%成長?世界のカプセルホテル市場の動向は?

世界のカプセルホテル市場は、2027年までに年平均成長率が8.20%を見込むと推測されています。カプセルホテルへの投資を考えているなら知っておきたい、市場が成長傾向にある理由やリスクについての情報をまとめました。

IPOを控えたソフトバンク出資のインド発ホテルチェーン「Oyo」にマイクロソフトが出資

Windowsで知られるマイクロソフトが、ソフトバンクが出資しているインドのスタートアップ企業「Oyo」に対し、500万ドル(約5億5,000万円)を出資したことを2021年9月9日に正式に発表。ソフトバンクやマイクロソフトから出資を受けているOyoがどういった企業なのかやホテル運営事業の動向などをご紹介します。

大阪市中央区「天満橋」駅に「情報」と「観光」の複合拠点が誕生。2024年開業。

2021年8月上旬、日本経済新聞社と大和ハウス工業が大阪の天満橋にテレビ局とホテルが一体化した複合施設の建設を着工したと発表。2024年春に開業を予定している大型プロジェクトの内容や今後の動向についてまとめました。

2022年・ホテル投資は仕込み時!?小田急電鉄「ハイアット東京」売却検討を投資家はどう見るか

2022年の2月末に日本経済新聞などの一部メディアが、小田急電鉄が運営するハイアット東京の売却検討かと報道。小田急電鉄は公式の発表ではないと否定していますが、相次ぐホテルの売却に投資家が注目を集めています。今が仕込み時とされる理由やホテル投資が活況を見せる背景についてご紹介します。

ホテル投資のスタンダードになるか?地方リゾート・別荘地のホテル投資

富裕層による東京近郊のリゾート・別荘への投資が活況を見せています。また、高級不動産の取引に強いリストインターナショナルリアルティ(LIR)が、今後は地方のリゾート地の物件も需要が高まっていくと推測。ホテル投資の新たなスタンダードとなるのか、東京近郊や地方のリゾート・別荘地が人気を集める理由をまとめました。

2021年のホテル投資額から今後のホテル市場を考える

世界のホテル市場が大きな影響を受けた新型コロナウイルスの流行。ホテル投資額はどのように変化したのでしょうか。2021年のホテル投資額の状況から、2022年以降のホテル市場を予想していきます。

ホテル投資家も注目する非接触サービスとは

パンデミックにより接客サービスの非接触化・コンタクトレス化が進むホテル業界。新しい時代に適応した宿泊客が求める非接触サービスとはどんな体験なのか、最新トレンドを調査しました。

経済再開によるREITのホテル投資の動向

2022年5月の大型連休において3年ぶりに行動制限が解除されたの受け、経済再開への期待が高まっています。そこで注目されるのが、行動制限によるあおりを受けてきたホテルです。今後のホテル投資の動向に関する情報をまとめました。

タイのホテル大手が見せる積極的投資とその背景

タイでは旅行需要の増加を見込んで、大手数社が積極的なホテル投資を行なっています。ホテル事業の売上高がまだ回復していないなかで大型投資を仕掛ける背景と、今後予想される課題についてまとめました。

外資勢の積極的投資でホテル投資が回復

将来的な旅行需要の回復を見込んで、外資勢が日本のホテル開発に投資したり、既存のホテルを高額で取引したり、などホテル投資への動きが活発になっています。ホテル投資が活発化している背景や懸念点をまとめました。

関西のホテル投資はどうなる?富裕層向けラグジュアリーホテルが不足

日本政策投資銀行の行なった調査によれば、外国人観光客の観光需要が回復した場合、関西ではラグジュアリーホテルの供給が需要に対して3割近く不足すると推測されています。関西におけるラグジュアリーホテル事情やホテル不足が招く問題、オーバーツーリズムを解消するカギなどをまとめました。

リオープニング銘柄とは?

経済が再開の兆しを見せつつあるなかで、大きなチャンスにつながる投資対象として期待されているのがリオープニング銘柄です。リオープニング銘柄がどういったものなのかをはじめ、経済再開によって注目されている業界や早めの見限りの検討が必要になりそうな業界などを解説します。

円安時はホテルREITが有効?円安時の投資対象まとめ

2022年3月に入って為替相場が円安ドル高に変動して以来、2022年7月になった現在も円安が続いています。円安時の有効な投資対象の1つが、ホテルREITです。投資対象としてのホテルREITの魅力をはじめ、そのほかのおすすめしたい投資対象についてもまとめています。

2022年の路線価から見る北海道のホテル投資の今

2022年7月に発表された今年の路線価によると、全国で最も高い上昇率を見せたのが北海道です。北海道の路線価の上昇は7年連続となり、特に今年は2011年以降で最も高い上昇率を達成しています。北海道の路線価が上昇している理由やホテル投資事情についてまとめました。

2022年上半期のホテル投資の動向

2022年も下半期を迎え、今後のホテル投資について考えるためにも上半期のホテル投資について振り返ってみました。総合不動産サービス大手のJLLの調査結果をもとに、アジア太平洋地域における2022年上半期のホテル投資額や件数、各国の動向をまとめています。

コロナ禍のホテル集客の現状と課題

コロナ禍で多くの業種が業績不振による経営難に悩まされていますが、特に深刻な打撃を受けた1つがホテル業界です。外出自粛や入国制限により、宿泊客が激減。GoToトラベル事業や入国制限の緩和で需要回復が期待されているものの、今後の集客が課題となっています。ホテルに求められる課題や集客戦略、ホテル集客のトレンドをまとめました。

中銀カプセルタワービルが再建築の権利売却へ

建物の老朽化を理由に2022年4月12日から解体工事が進められている中銀カプセルタワービルについて、著作権を持つ黒川紀章建築都市設計事務所が再建築の権利を売却すると発表しました。日本を代表する世界的な建築家の黒川紀章氏が設計した文化的価値の高い建物が、公式に再建築を認められることは珍しいため、今後の動きが注目されます。

【2022年6~7月】国内のホテル
稼働率(客室稼働率)について

ホテルの収益を表す客室稼働率。客室稼働率を把握しておくとホテル経営をスムーズに行えます。ホテル経営は景気の影響を受けやすく、シーズンによって浮き沈みがあるため、高い数値を維持するには工夫が必要です。ホテル投資が狙い目の今、客室稼働率に関する知識を身につけておきましょう。

ホテルでダイナミック・プライシングを取り入れるには

ダイナミック・プライシングは航空業界をはじめさまざまな観光業界で取り入れられており、ホテルでも採用されています。ダイナミック・プライシングは収益の最大化を図るためのシステムであり、活用すれば業務を効率化することも可能です。この記事ではダイナミック・プライシングの仕組みや特徴、導入事例などについて紹介しています。

新たなホテル投資として定着するか?NOT A HOTELを調査

ホテルとしても運用可能なリゾート物件を提供しているNOT A HOTEL。新たなホテル投資のカタチとして注目されている、NOT A HOTELの特徴や取り組みを調査しました。また、2022年10月時点での物件の情報についてもまとめています。

ホテル業界のサブスク事情を調査

さまざまな業界が取り入れている、定額制サービスのサブスク。ホテル業界にもサブスクの波が到来しており、いろいろなサービスが登場しています。ホテルのサブスクサービスにはどういったものがあるのか、主要サービスの特徴を調査しました。

ビジネスホテル=シンプルは古い?豪華なビジネスホテルが増えている理由

シンプルな内装や簡素なサービスというこれまでのイメージと異なり、豪華な設備やサービスで付加価値を高めているビジネスホテルが増えています。豪華な朝食やサウナなど多くのコストをかけてまで付加価値を追求する理由や今後の動向についてまとめました。

ADR・OCC・RevPARとは

ホテル経営やホテル投資をする上で、何を指標にすればよいか。そのような時ADR(客室客室平均単価)、OCC(客室稼働率)、RevPARが重要になります。ここでは、3つの指標について活用方法や算出方法についてまとめました。

ブッキングカーブとは

過去のデータから需要を予測できるツールであるブッキングカーブ。ホテル運営での利益を最大化するために活用すべきツールの1つです。ブッキングカーブの特徴や活用方法、なぜ必要とされているのかをまとめました。

2022年Q3の日本投資市場動向

2022年Q3の日本投資市場について解説します。新型コロナウイルス感染症が下火になると同時に円安が進む日本の投資市場は、海外投資家から大いに注目されています。現在の状況を見て今後どのように推移していくのか、詳しく解説していきます。

外資系企業の日本(地方観光)への投資状況

新型コロナウイルス感染症が落ち着きを見せ始め、観光業が興隆しつつあります。それに伴い、円安が進んでいる今、外資系企業からの日本の観光業への投資も盛んになると予想されます。観光業への投資は今後どのようになっていくのかを解説していきます。

ホテル投資ハイライトアジア太平洋地域(2022年1月~9月期)

JLLが発表した2022年1月~9月期のアジア太平洋地域におけるホテル投資ハイライトを見ていきます。投資額はどのくらいだったのか、アジア太平洋地域での各国の取引状況、今後の展望などを詳しく解説します。

不動産クォータリー・レビュー(2022年第3四半期)

ニッセイ基礎研究所がまとめた2022年第3四半期における国内の不動産クォータリー・レビューについて解説します。商業施設やオフィス、マンションなど様々な不動産市場の動向について詳しく見ていきます。

京都のホテル稼働率の回復(2022年上半期)

国内外から多くの人が訪れる日本を代表する観光地京都。京都におけるホテル稼働率はコロナ禍で最高値を更新しました。京都のホテル稼働率が増え続ける理由はなぜか、今後はどのように推移すると予測されているのか、詳しく解説していきます。

不動産マーケットアウトルック2023

2023年度の不動産マーケット予想を『不動産マーケットアウトルック2023』を参考に記載しています。国内不動産投資市場の現状や見通し、今後の海外投資家の動きはどうなのかを解説しています。

【2023年】JLLの不動産&ホテル投資フォーラムについて

「ジョーンズ ラング ラサール(JLL)」が開催した不動産&ホテル投資フォーラムでのホテル投資・商業用不動産投資の現状と今後の見通しを解説しています。国内ホテルや海外ホテル投資の現状や見通し、今後の各国や各社の取組などを簡潔に記載しています。

ホテルの無人運営が進んでいる理由

近年、ホテルの無人運営が増えてきています。新型コロナの影響で、人同士の接触を極力減らすために無人化が進みました。無人運営にすることでのメリット・デメリットはどういったものがあるのかを解説します。

2023年の沖縄・宮古島の地価上昇はホテル投資に影響するか

宮古島で、近年インバウンド需要の回復により地価の上昇が続いています。リゾートホテルの建設ラッシュだけではなく、コンドミニアム分譲などの投資対象のホテルも多く建設される予定です。宮古島でのホテル投資について、現状と今後の課題を解説しています。

政府系金融機関が提言した考古学観光について

考古学観光は、まだ日本国内ではあまり知られていない観光様式です。しかし、海外では富裕層向けのツアーが実施されており、今後遺跡の保全などを目的とした観光ツアーの実施が必要になるでしょう。海外の成功事例を見ながら、考古学観光に必要なことを解説しています。

神戸ウォーターフロントビジョンとは

神戸市が、優れた観光名所となるよう『港都 神戸グランドデザイン』を策定しました。その内の1つ『神戸ウォーターフロントビジョン』は、港町神戸ならではのコンセプトで街の再開発を進めていく計画です。神戸ウォーターフロントビジョンの内容や今後の課題について解説していきます。

【2023年】中国・ホテル稼働率について

2023年の春節を迎えた中国では、新型コロナウイルス感染症の落ち着きもあり、観光客がコロナ禍前の水準まで回復しました。その為国内各地では、ホテルの建設が相次いでいます。また、それに伴うハンセン指数も最高値を更新しました。

【23年4月】ホテル業界のリベンジ消費について

経済的な不安から、国内で消費の冷え込みが見られたコロナ禍。地域や感染症の状況によっては気軽に旅行できない時期もあり、観光業も大打撃を受けました。しかし2023年に入りアフターコロナを見据えた動きが活発化。2023年4月以降の業界の動向や、今後の展望などを解説しています。

各ホテルの差別化や取り組みについて

国内の一部ホテルでは、寝泊りするためだけの施設からの脱却を図るために、様々な取り組みが行われています。そのひとつが、自ホテルならではの宿泊プランや強みを活かすものです。これによりホテルの差別化が図られます。各ホテルの取組をまとめました。

2025年大阪万博開催における老舗ホテルの取組

2025年の大阪万博開催にむけて、大阪市内の各老舗ホテルが大規模改装に取り掛かっています。新規開業する外資系ホテルとの競争激化に向けた対策です。ここでは、各ホテルの取り組みや大阪市内のホテル業界の動向を解説します。

長期滞在型ホテルの課題と今後

新型コロナが落ち着いてきており、海外からのビジネス客や観光客が増えてきています。海外からの宿泊客は長期滞在することが多く、それに伴い長期滞在型のホテルの需要も高くなっています。ここでは長期滞在型ホテルについての解説や今後の課題についてまとめました。

サクラクオリティについて

日本国内のホテルなどの観光サービスを、第三者が評価・認証する制度です。海外からの宿泊客へ、必要な情報を提供し快適な旅をしてもらおうという取り組みです。ここでは制度の解説・評価方法・参加メリットなどについて紹介しきます。

中国人富裕層が日本の温泉旅館への投資を検討

日本の温泉旅館へ投資をおこなう中国人富裕層が増えています。中国共産党による富裕層の資産監視の強化のため資産の分散を行うためと、日本への在留資格取得を狙ってのことです。特に有名温泉地「熱海」への注目が増えています。中国人投資家による投資の現状とこれからについて解説していきます。

ホテルのルームサービスにおけるヴィーガン対応

健康志向の高まりで、肉類や乳製品などを一切摂取しないヴィーガンが広まっています。それに対応して、各ホテルではヴィーガン対応メニューを取り入れるなどをしています。各ホテルのヴィーガン対応メニューの紹介や業界におけるヴィーガンの現状について解説していきます。

ゲストハウス投資とは

不動産投資の中でも、今最も注目されているのがゲストハウス投資です。シェアハウスとの違いやゲストハウス投資を始めるまでの流れ、注意点などについて詳しく解説していきます。

ホテルDX(デジタルトランスフォーメーション)

今後の需要増に対応するため、ホテル業界ではDX化が進められています。DX化は、単なるデジタル化ではなくホテルのサービスや品質向上に資するものとして期待されています。DXの目的やメリット、進め方について解説していきます。

2022年度ホテル業は増収傾向?

コロナ禍で行われた旅行支援などの影響で、ホテル業界は2022年度増収となった企業が多くあります。また、今後も需要の回復により業績が改善されてくる企業も多くあります。ここでは、2022年度に増収となった背景や2023年度の動向などを解説します。

2023年度ホテル業界の人手不足について

2023年、コロナ感染症が落ち着き各地では観光客が多く来訪しています。そのような中ホテル業や旅館業は急激な需要増に対応が追い付かず、多くの企業は人手不足に陥っています。人手不足の現状とその背景、対応策などを解説していきます。

じゃらん宿泊旅行調査2023

じゃらんリサーチセンターが行った『じゃらん宿泊旅行調査2023』の結果についてまとめました。総合満足度・おいしい食べ物・ホスピタリティなどの結果や、各施設や観光地の取り組みについて解説します。

全国のホテルの平均宿泊料金

全国のホテル・旅館の平均宿泊料金を独自の調査で提供しているメトロエンジン株式会社や、全国の平均宿泊料金について説明しています。世界的な感染症の流行前後での料金について比較しています。

宿泊客がホテル選びで見ているポイント

宿泊客は目的によってホテル選びをします。観光客、ビジネス客などホテル選びの基準は人それぞれです。ここでは目的別のホテル選びの基準やポイント、視野に入れておきたい事項などについて解説しています。

スリープツーリズムについて

日常の疲れやストレスの中で普段通り生活していると、どうしても睡眠の質は落ちてきてしまうものです。睡眠が十分にとれないと、さらに疲れがたまるという悪循環に陥ってしまいます。スリープツーリズムは、日常から離れ快眠を目的とした旅のスタイルです。ここでは、各ホテルのスリープツーリズムの取り組みを紹介します。

スローツーリズムについて

日本人の旅行はとにかく時間との勝負です。そのため十分な観光が出来ず疲れだけが溜まるということも多々あります。スローツーリズムは、時間を気にせず1か所に長く滞在することで、地元の文化や自然を体験する旅行スタイル。スローツーリズムの特徴や各地でのスローツーリスト受け入れの取り組みなどをまとめました。

2023年第3四半期(Q3)における日本投資市場動向について

事業用不動産サービスを提供するシービーアールイー株式会社(CBRE)が発表した、2023年第3四半期(Q3)における日本投資市場動向について解説していきます。各セクションの今期の現状と今後について説明します。

ホテル開業にかかる建設費について

新たにホテルを建設する際は、様々な費用が発生します。それはホテルの種類や設備によっても様々です。ここでは、ホテル建設やホテルの種類による費用の割合の目安について詳しく解説していきます。また、費用を抑えるためのポイントについても紹介していきます。

ホテル業界のSNSマーケティングについて

ホテル業界では、SNSを活用したマーケティングを行っています。公式アカウントを運用してユーザの生の声を聴いたり直接つながるなど、ファン獲得を目指しています。SNSマーケティングを行う上でのポイントや注意点、メリット、成功事例について解説していきます。

森トラストの高級ホテル建設と不動産投資

不動産デベロッパー事業を行う森トラストが、高級ホテルの建設や誘致、さらにはホテルコンドミニアムなどの不動産投資業に取り組んでいます。森トラストの今後の計画や事業内容、手掛ける高級ホテルについて解説します。

妙高高原スキーリゾート化計画に対する2000億投資

妙高高原に巨額の投資。ケン・チャン氏率いる不動産投資ファンドのペイシャンス・キャピタル・グループが妙高高原に2000億円の投資をし、高級スキーリゾートへ変貌させようとしています。経緯や、ケン・チャン氏について、課題や展望について解説していきます。

笠戸島ハイツ跡地を高級ホテルとして活用

山口県下松市にある笠戸島ハイツ跡地が、高級ホテルと魅力的な商業エリアへと生まれ変わります。それを主導する事業者を、市は公募型プロポーザルにて募集しました。ここでは、笠戸島ハイツ跡地の活用について詳しく解説していきます。

東京都の宿泊税について

現在、東京都内のホテル・旅館に宿泊する際、宿泊費とは別に宿泊税を支払う必要があります。この宿泊税について、税額の決定や税収の使用用途、宿泊税の今後についてその経緯や現在の議論の様子などを解説していきます。

ホテルのリブランディング

ビジネスホテルやシティホテルといったジャンル分けがされているように、ホテルにはそれぞれのブランドに対する利用者が思い描くイメージが定着しています。その中で、新たな取り組みやターゲット層の変更を行うためイメージの一新を図るホテルが増えてきています。ここでは、ホテルのリブライディングに対する取組み事例を見ていきます。

沖縄のリゾートホテル投資について

日本屈指の観光地である沖縄での不動産投資が増えています。沖縄ならではのリゾート投資では、収益のみならずステータスといった一般的な不動産投資では得られないメリットも多くあります。ここでは、沖縄におけるリゾート投資について解説していきます。

ホテル経営におけるホテル内清掃について

ホテル経営を行う上で清掃は欠かせないものです。清掃の出来次第でホテルの評価を左右すると言っても過言ではありません。ここでは、ホテル清掃について注意すべき点、効率を上げる方法などを解説していきます。

サウナ付きのホテル経営

個人経営のホテル、ビジネスホテル、シティホテル問わず、サウナを導入するホテルが増えています。サウナ導入のメリットや課題、導入するサウナの種類について詳しく解説していきます。

ホテル経営におけるイールドマネジメント、レベニューマネジメント

ホテル経営において様々な経営方法があります。目的は同じで収益を効率よく最大化することがポイントです。ホテル経営で取り入れられているイールドマネジメントとレベニューマネジメントについてメリット・デメリット、導入方法などを解説していきます。

メディカルツーリズム(医療観光)の今後とホテル投資

国が豊かになってくると、次に健康、医療の発展に期待がかかります。しかし、医療の充実はすぐには叶いません。そのため、富裕層は医療健診のために海外へ赴く『メディカルツーリズム』を行っています。これに伴うホテル投資への期待なども含めて解説していきます。

MICE(マイス)開催におけるホテル投資の今後

国際会議や社内研修、展示会などを指すMICE。MICEは、コロナが落ち着きだした昨今需要が増加するとみられています。MICEを開催することでの経済効果や、現状の市場規模、今後の成長率、日本国における現状と目標を解説していきます。

ホテル投資におすすめの企業をみる

関連記事一覧

【PR】今話題の
コンテナホテル特集はこちら!