HOTELISM ホテル投資のことがよく分かるWebメディア
HOTELISM ホテル投資のことがよく分かるWebメディア » 最新情報 » 大阪市中央区「天満橋」駅に「情報」と「観光」の複合拠点が誕生。2024年開業。

公開日: |更新日:

大阪市中央区「天満橋」駅に「情報」と「観光」の複合拠点が誕生。2024年開業。

※本ページは「建美家『大阪市中央区「天満橋」駅東側に、「情報」と「観光」の複合拠点が誕生へ。ヒルトンの入居も決定。2024年開業。』(https://www.kenbiya.com/ar/ns/region/osaka/4898.html)」を参考に作成しています。

2021年8月上旬、日本経済新聞社と大和ハウス工業は、大阪天満橋に大型複合施設「大阪・大手前一丁目プロジェクト」の建設に着工したことを発表しました。施設にはヒルトンホテルの入居が予定されています。

ホテル投資の最新情報をお伝えします。

テレビ局と一流ホテルが一体化した複合施設が2024年春開業へ

日本経済新聞社の大阪本社跡地(天満橋駅近く)で、2021年8月1日より、大型複合施設「大阪・大手前一丁目プロジェクト」の着工が始まりました。施設には、日本経済新聞社グループの「テレビ大阪」とヒルトン運営の「ダブルツリーbyヒルトン大阪城」の入居が決定。施設に隣接する寝屋川から大阪城へと続くテラスを新設するなど、観光客に対し「水都大阪」を印象付ける計画も進められています。

同施設に情報発信や宿泊などの多様な機能を凝縮させ、かつ、リバーサイドをから大阪城への手軽なアクセスを設置することで、天満橋付近を大阪観光の玄関口の一つにすることを目指しています。

健美家のキャプチャ画像
引用元:健美家公式HP(https://www.kenbiya.com/ar/ns/region/osaka/4898.html)

「天満橋」駅すぐそばの大手前地区は大阪の魅力が凝縮された観光エリア

大阪在住の方ならご存知のはずですが、施設の建設が予定されている天満橋駅付近は、大阪の魅力が凝縮された観光のメッカ。施設から大阪城は歩いて15分ほどで、そのすぐそばにはリバークルーズで知られる人気の大川が流れています。天神祭の舞台や造幣局桜の通り抜けもすぐ近く。まさに「大阪らしさ」に包まれたような絶好の観光エリアです。

健美家のキャプチャ画像
引用元:健美家公式HP(https://www.kenbiya.com/ar/ns/region/osaka/4898.html)

ヒルトンの関西初ブランドも決まり2024年以降のさらなる賑わいに期待

施設の1~4Fは日本経済新聞社が区分所有し、同社グループであるテレビ大阪の新社屋になる予定。イベントを開催したり天神祭を中継したりなど、賑わいを演出することで地域の活性化をサポートしていきます。

また、大和ハウス工業が区分所有する6~20Fには、「ダブルツリーbyヒルトン大阪城」が入居予定。ヒルトンの関西発ブランドとなる同施設には、全377室の客室の他、レストランやカフェバー、フィットネス、プールなど、様々な施設が併設される予定です。

2025年に開催が予定されている「大阪・関西万博」に向けて動き出した大型プロジェクト。世界のヒルトンも期待を寄せた大阪・天満橋付近は、今後、どのような変貌を見せるのでしょうか?施設の開業は2024年を予定。さらなるエリアの賑わいを期待したいところです。

ホテル投資におすすめの企業をみる

【PR】今話題の
コンテナホテル特集はこちら!